独立行政法人国立病院機構松江医療センター/呼吸器病センター

お問い合わせは0852-21-6131まで

  • 外来案内
  • 入院案内
  • 診療科紹介
  • 診療部門紹介
  • 当院で診療している主な疾患
  • ホーム
  • お知らせ
  • ご利用の皆さまへ
  • 医療関係者の方へ
  • 松江医療センターについて
  • 交通アクセス

院長あいさつ

ご挨拶

井岸 正.jpg院長 井岸 正

 伝統ある独立行政法人国立病院機構松江医療センター院長に、 2020 4 1日付けで着任いたしました。よろしくお願い申し上げます。
 当院の診療の中心は、呼吸器疾患、神経難病や筋ジストロフィー、重症心身障がいであります。一般的な診療に加え、他の医療機関が担当するのが難しい結核、長期的な視野に立つ必要のある神経難病や重症心身障がいに対する診療を、2次医療圏を超えて政策医療として担い、貢献してきたと自負しております。
 呼吸器疾患につきましては、肺癌、慢性閉塞性肺疾患、間質性肺炎、気管支喘息、呼吸器感染症、呼吸不全、気胸などが対象疾患の中心となります。「呼吸器病センター」としてスタッフも充実しており、多様な呼吸器疾患診療に対応できる体制をとっています。呼吸器外科・内科が連携し、お互いに意見を交換して治療方針を決めるなど内科と外科の垣根のない診療を進めています。肺癌につきましては診断から手術療法・放射線治療・薬物療法までの総合的な診療を行っています。今後もこれらの診療レベルの更なる向上に努め、地域からより信頼される「呼吸器病センター」を目指してまいります。
 神経難病に関しましては、当院は島根県難病医療ネットワーク事業の拠点病院に指定され、パーキンソン病、多系統萎縮症・脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症などの神経難病医療を行っています。近年、この領域の入院が増加しておりますが、さらに人的にも充実を図り、地域の施設と連携をさらに進め、認知症を含めた高齢者医療にも一層取り組み、在宅医療の重要性も認識した医療を展開して行きたいと考えています。
 また、療養介護事業所、指定発達支援医療機関として重症心身障がい児(者)を対象に、治療および日常生活の支援・育成・指導の提供をしてきておりますが、これらの質の向上の努力を継続してまいります。
 当院は社会的責任として、これまでも呼吸器疾患や神経難病などに関する研修会・講演会なども積極的に開催してきていますが、今後も職員や地域の教育活動や啓発活動としての市民公開講座なども開催して行きたいと考えています。
 「松江医療センターならでは」といった医療で地域に貢献し、関連医療機関や介護・福祉施設との地域での連携や在宅療養支援も積極的に進め、職員が働きやすい勤務環境確保の整備にも努めて全職員が協力して地域から信頼される病院であり続けるように取り組んでいきたいと考えています。これまでにも増して、当院に対するご指導ご鞭撻並びにご支援をお願い申し上げます。

令和 2 4 1

独立行政法人国立病院機構松江医療センター 院長

井岸 正